今では都市伝説?純愛に生きた大塚愛

SnapCrab_NoName_2015-10-25_23-9-35_No-00

数多くのヒット曲を世に生み出した大塚愛さん。

大塚愛さんの曲は歌詞は大塚愛さんが書いていますが、その歌詞に秘められ純愛な歌詞に世の中の女性も多く共感しました。

スポンサーリンク

好きな人に歌った曲の歌詞はストレートで、好きな人だけを想う純愛な歌詞になっています。

歌詞がストレートでリアルな為に、一部のファンの間で密かに囁かれている都市伝説のような話も存在します。

 

大塚愛さんの純愛なリアル歌詞は黄泉と繋がっている!?

大塚愛さんの代表作といえば「大好きだよ」「恋愛写真」「プラネタリウム」などありますが、歌詞を見てみると儚い純愛な女性像が浮かび上がります。

「恋愛写真」は過去の恋愛を想う歌ですし、「大好きだよ」は想いを伝えたくても伝えられないし、「プラネタリウム」は完全に夜空を見上げて、好きな人が空にいる設定で書いています。

つまり、好きな人が死んでいる設定です。

歌詞だけをみると本当に好きな人だけを想う純愛な歌詞に見えます。

しかし、シチュエーションを考えると気持ちを伝えたくても、伝えられない人に向かって、黄泉の世界に届けるような歌詞にも見えたりします。

 

大塚愛が歌うと、黄泉と繋がる?!

大塚愛の都市伝説の話の元になった話があります。

それは、過去に大塚愛さんがお付き合いしていた男性が事故に遭い亡くなっていて、大塚愛さんがテレビ番組で歌を歌っていると観客席に現れるというもの。

スポンサーリンク

この手の話はよくある話だけど、画像ではっきりと確認できる鮮明な画像は残されていません。

もしも、なくなった人がテレビ番組に写っていたとしても確認のしようがない為、真偽はわかりません。

ですが、大塚愛さんのリアリティのある歌詞を見ていると、亡き人に純粋に伝えたい気持ちを歌っているので、なくなった人も現れるのかもしれませんね。

 

しかし、大塚愛さんの歌詞がリアリティで怖すぎる!

大塚愛さんの曲で「大好きだよ」という曲があります。

歌詞を見てみると、あなたが恋しくて、ずっとずっと、一緒だよという歌詞が何回も登場します。

「プラネタリウム」という気持ちでは、行きたいよ、きみのところに今すぐかけだして、という一節があります。

本当に大塚愛さんのお付き合いしていた男性が亡くなっていて、大塚愛さんが彼当てに書いた歌詞だとすると「ゾッ」とします。

メディアに出て、ある程度世間から認知されてるからこそ、曲を聴いて共感を生みますが、全く知らない子が同じ歌詞を書いているのを見たら100%ひきますよね。

大塚愛さんの親の立場からすれば気が気ではないはず。

真相は大塚愛さん、本人でないとわかりませんが、ファンのみなさんや、大塚愛さんの新しい曲が聴きたいと思いますので、温かく見守っていきましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ