iphoneのパスコードロックを解除する裏ワザ

日本では、多くのファンが愛用しているApple製スマートフォン「iphone

そんなiphoneですが実はパスコードを忘れてしまい、ロック解除が出来ないと言うトラブルが多くみられるようです。

今回はそのようなトラブルにあわれた方のためにパスコードを解除する裏ワザをご説明していきたいと思います。

なぜパスコード忘れるのか?なぜパスコードロックがおきるのか

 

では一体、なぜパスコード忘れというものがおきてしまうのでしょうか。

Iphoneは従来、指紋認証システム(Touch ID)を採用していて、そればかりを多用していて肝心のパスコードを忘れてしまうユーザーが後を絶たないそうです。

(iphpne.X以降は顔認証システム(Face ID)に移行)

このような事を防ぐため、自身が忘れにくい数字をパスコードに登録するか、他人に解りにくい方法でメモを残しておくほうが良いでしょう。

こういったパスコード忘れがきっかけで何度も何度も間違ったパスコードを入力し、とうとうロックがかかるといったことがしばしばあるといわれています。

5回間違うと1分後に再入力してくださいのメッセージが、11回の失敗でPCでiTunes接続し復旧することになります。

また、事前の設置で10回失敗すると自動的にiphome内のデータを消去する項目が有り、これを設定しているとデータが無くなり工場出荷状態になってしまいます。

ですから、むやみにパスコードを打ち続けるのは無謀です。

他にも「ゴーストタッチ」と言われるiphoneのタッチパネル異常や不具合で起きてしまうパスコードが勝手に入力されてしまってロックされることも稀にあるようです。

では、忘れたパスコードをどのようにすれば解除できるかを検証していきましょう。

 

PCを使用してパスコードロックを解除する方法

パソコンを使用してパスコードのロックを解除する方法があります。

それはiTunesを使用して行います。

 

最初にパソコンで、iTunesを開きます。

ここでiTunesを持っていない人は検索してダウンロードするようにしましょう。

編集」タブの中にある「設定」をクリックして環境設定の画面にはいります。

 

次に「デバイス」タブをクリックすると、デバイスの環境設定画面になります。

そこで「iPhone、iPadを自動的に同期しない」をクリックして自動同期しないようにセットしておきます。

USBケーブルで、iphoneとパソコンを接続します。

そこで、実際に作業をする前にiphoneのバックアップを念のためにPC上でとっておきましょう。

iTunesがiPhoneを認識したら、画面左上のiPhoneマークから『概要』をクリックし、『バックアップ』欄が現れるまで右画面をスクロールします。

バックアップ欄にある『今すぐバックアップ』をクリックして、iPhone上のデータをパソコンに保存します。

バックアップを取る作業が終われば、iTunesを閉じて、一旦USBケーブルをはずしてリカバリーモードにしましょう。

 

リカバリーモードの手順はこのようになっております。

 

  1. PCのiTunesを閉じます
  2. iPhoneをPCに接続します。
  3. iPhoneを強制的に再起動して、リカバリーモードにします。

 

リカバリー状態になったiPhoneを再び、PCにつなげてiTunesを起動させると「更新または復元を必要としているiphone “に問題があります」というポップアップが出てきます。

そのポップアップの復元ボタンをクリックしましょう。

 

その後、「お使いのiphoneを工場出荷状態の設定に戻してもいいでしょうか?」というポップアップがでてきます。

ここでバックアップがとれているかどうかの確認をしてから更新を押しましょう。

 

その後、数十分ほどで初期化作業してから画面が変わります。

 

その後、画面に「このバックアップから復元」という選択肢が出てきます。

先ほど取ったバックアップのものか否かを確認してからこの選択肢を選んで「続ける」ボタンを押し復元を開始しましょう。

これで復元が可能です。

 

他にもPCで「drfone」というソフトウェアを使用してロックを解除する方法があります。

手順はiTunesとほぼ流れは同じで、drfoneをダウンロードし手順に従いロックを解除する方法なのです。

これについては事前にiTunes等でバックアップを取らないと全データが消えてしまうという事あるのでご注意ください。

 

「iphoneを探す」アプリで解除する

ではパソコンを使用せずにスマホだけを使って、パスコードを解除する方法はあるのでしょうか。

実はあります。

 

これは「iphoneを探す」というアプリを使用して解除する方法です。

PCを使わなくても出来るメリットがある半面かなり煩雑な作業になります。

この方法の為にはもう一台別のiOS端末が必要になります

また、データを全て削除してしまうので事前にバックアップを取っておかなければなりません。

上記の条件をクリアしている方はこの方法を使用すれば、解除可能になります。

 

まず、「iphoneを探す」アプリをダウンロードして起動させるとアップルIDとパスワードの入力画面になります。

 

IDとパスワードを入力すると、端末の位置情報が表示されて下の部分に「アクション」という文字が表示されます。

 

ここでアクションを押すとさらに選択肢が表示されます。

「紛失モード・サウンド・iphoneを消去」と並んでいるのでその中から「iphoneを消去」を選択します。

 

「iphoneを消去しますか?」という画面になりますので「消去する」を選択します。

 

そこからアップルIDのパスワードと電話番号を入力してようやくリセットすることができるようになります。

 

 siriで解除できる?

これまでデータを削除したり、PCを使ったりとわりと煩雑な方法をお話しましたが、その手の事が面倒という人にお勧めなのが今から紹介する方法です。

 

その方法は「siri」を使ってパスコードを解除するというものです。

iphoneに搭載されている音声認識アシスタントのsiri。

実はこれを使って解除するという方法があることを皆さんご存知でしょうか。

 

まずsiriに話しかけてみましょう「Hey Siri いま何時?

siriがオンになっていると時間を教えてくれるので、「表示された時間」をタップしましょう。

その後画面は「世界時計」になり、その右上に「」タブが現れるのでそこをタップしてみましょう。

 

次は世界中の都市の検索画面に移りますが、ここで適当な街を入れてみます。

 

今度は画面の下の部分に複数の選択肢が表示されます。

その中から「共有」ボタンをタップします。

今度はどのアプリで共有するかという選択肢がでるので、「メッセージ」を選びます。

 

そこから適当な電話番号や名前を入れて架空の連絡先を作ってみましょう。

アイコンになる写真を「モーメント」内というフォルダーの中から顔写真で使える画像を探しましょう。

しばらくして、その画面からホームボタンを押してみると元のホーム画面になります。

目安は数秒程度ですぐに押してしまうと、ロックされた画面のままになるそうです。

 

そうすると、パスワード編集を行う必要もなくiphoneが使える状態になります。

こういった裏ワザもsiriをオンにしておかないとできないので、なるべくオンをしておくことがお勧めです。

このページの先頭へ